芝生のお手入れ方法

サイトマップ

札幌で家族が幸せになるお庭を作るエクセル

芝生のお手入れについて

庭工事をご検討中で芝生をお考えの方。
『芝生って緑がキレイなのは最初だけですぐに枯れ果ててしまいそう』
『なんだかお手入れも面倒そう』
とお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

こちらでは、芝生のお手入れ方法を5つのポイントに分けてご説明させて頂きます。

今現在、芝生のお手入れ方法でお悩みの方も参考にして頂ければ幸いです。

この5つのポイントを抑えておくと、
いつまでも綺麗な状態を保てますので是非参考にして頂ければと思います。

キレイな芝生イメージ

芝刈りのタイミングや方法について

芝生の成長は早いです。特に5月〜9月の時期は芝の成長期なので基本的に葉が3cm以上伸びたら刈り込みを行うようにしましょう。

芝の長さは、1.5cm程度まで刈り込むことも出来ますが、芝生は上の方向が刈られると横に成長しようとするので芝は密になり育成管理が難しくなります。
また、4cmまで伸びると見た目にも伸び過ぎ感が出てくるので、基本的には2.5〜3.5cm位がベストでしょう。


刈り取った芝のかすは、芝生の成長を妨げるのでしっかりと除去しましょう。


芝刈り機を使用して芝を刈ると楽です。
車1台分程度の面積でしたら、安価な手動式の芝刈り機が便利でしょう。
またもう少し面積が広いなら電動式の芝刈り機がおすすめです。
電気式は電源コードがあるので取り回しでコードが作業の妨げになる場合があります。
エンジン式の芝刈り機はエンジン音が大きく広い面積に適しています。

芝刈り機では刈れない細かいところは、ハンディバリカンや両手はさみで刈ると見栄えが良くなります。

適切な水やり頻度とは

春先は3日に一度程度、夏には2日に一度、元気がなくならないうちに水をあげましょう。
秋は特に水やりの必要はありません。

また、新しく芝を張った場合は、約2週間くらい続けて朝と晩の2回毎日多めに水やりをして下さい。芝生を根付かせる為に十分な水が必要です。

水が足りないと芝に元気がなくなり、枯れて茶色に変色してしまう原因になりますので芝生の水やりは大切です。

日中の暑いときの水やりは避け、
朝と晩の出来れば日の出前か日の入り後に水あげする
のが好ましいです。
(特に太陽が昇りきった午前10時〜3時くらいの間は避けるようにしましょう。)

芝生の広さにもよりますが、ホームセンターで販売しているスプリンクラーを使用するとくまなく散水することが出来便利です。ホースの先に付けるタイプの安価なものも販売されています。

除草について

雑草は見栄えが悪くなるだけでなく、
芝生の栄養分まで取られてしまう
ので小さいうちに手で抜き取るようにしましょう。

芝生を若返らせるエアレーションとは

エアレーションとは芝生に専用の足踏み式の穴あけ器具で穴をあけることで、
土壌の通気性と排水性を改善させる方法のことです。芝生を若返らせる効果があります。

穴あけ器具は、「ローンスパイク」という名称でホームセンターで販売しています。
(1,000〜2,000円程度)

肥料はいつあげれば良い!?

芝生に元気がない場合や芝生が成長を始める春4〜5月に芝生用の肥料をあげると元気な芝生に育ちます。

芝生用の肥料は園芸店やホームセンターで販売されています。

サービス内容 | 施工事例 | メンテナンス・サポート | 工事費用について | 無料相談・お問合せ | 会社概要


札幌、及び札幌近郊にてお庭・エクステリアの施工を行っております。
エクセルでは、設計から施工まで外構工事のプロフェッショナルとして、お客様の笑顔と生活向上を目指し日々努めております。